ホーム > 災害防止協議会

小林電工災害防止協議会

安全衛生への取り組みを経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、社員および協力会社社員一人ひとりが
「安全と健康は経営の基盤である」という意識を持つ。
 リスクアセスメントを確実に実施し、「災害ゼロ」から「危険ゼロ」への職場づくりを推進する。
 
1. 安全管理体制の確立、安全衛生教育の計画的実施、および安全衛生活動の強化
2. 高齢者労働者の安全と健康確保対策の実施
3. 転倒災害防止、墜落・転落災害防止対策
・設備管理面の対策、耐滑性安全靴の導入、転倒しにくい作業方法の検討・実践
・墜落・転落防止措置の遵守、手すり・足場先行工法の導入
4. リスクアセスメント及び建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の取組
・作業指示書・確認書によるリスクアセスメントの実施
・活用方法を社員に周知
5. 熱中症対策
6. 交通労働災害の防止
7. パワーハラスメント防止を含むメンタルヘルス対策
「心の健康づくり計画」の策定
・事業所内メンタルヘルス担当者の選任、調査審議、実態把握、教育研修の実施
・ストレスチェックの実施(簡易型)
8. 健康管理対策
・健康診断・保健改善指導を利用し、健康の保持に努める
・生活習慣病予防健診の推進(対象者)
9. 安全衛生関係行事
・社内安全大会(年1回 7月開催)
・全国安全週間、その他安全関係行事への参加

社内安全大会(7月開催予定)

(令和3年度は、新型コロナ感染拡大防止のため開催を中止しました)
令和3年度 小林電工災害防止協議会スローガン
  『大丈夫 自分の手と目で 再確認』
            (令和3年度安全標語最優秀作品)
令和3年度「全国安全週間」スローガン
  『持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場』

 通年、安全週間(7月1日~7日)にあわせて「社内安全大会」を開催しています。

 小林社長、災害防止協議会会長の挨拶に続き、今年度の安全衛生管理計画についての説明や活動報告を行います。
 また「安全大会講演会」と題して、ゲストをお迎えし特別講演をお願いしています。
 最後に、参加者全員でスローガンを唱和して閉会となります。

ご安全に!

安全衛生活動(年間計画)

  • 社内安全大会(年1回 7月)
  • 社内安全パトロール(月1回実施)
  • KY活動(毎月実施)
  • 社内研修・教育の実施
  • 建設業者の安全関係行事(随時参加)
  • 安全標語の募集(最優秀、優秀作品の選定と表彰)
  • 熱中症対策として、「暑さ指数」掲示し予防意識を高める
  • ストレスチェック(5月~6月の期間に実施)

Page top